ケーキ屋オーナーさんケーキ屋オーナーさん

サイトマップって何ですか?どうして作らないといけないんですか?

サクラチカサクラチカ

という人のためにこの記事をまとめました。

 

WordPressでサイトを作ったら、最初期のうちにやっておきたいのが「サイトマップ」の作成です。

CHECK
  1. プラグイン「Google XML Sitemaps」を使って「XMLサイトマップ」を作り
  2. Googleサーチコンソールに送信する方法

初心者にもわかりやすく解説していきます。

 

サイトマップとは?

XMLサイトマップとは何か。作り方とサーチコンソールに送信するやり方

 

サイトマップとは、検索エンジン(Google、yahoo!など)の検索結果からのアクセスを狙うなら、ぜひ作るべきものです。

 

サイトマップには、

  • HTMLサイトマップ
  • XMLサイトマップ

この2種類があります。

サクラチカサクラチカ

二つの違いを説明していきますね。



HTMLサイトマップとは

HTMLサイトマップとXMLサイトマップの違い

ヨドバシ.comより引用

 

サイトマップというと、「1ページにサイトの全部ページに行けるリンクが貼られているもの」を思い浮かべますよね。

HTMLサイトマップとは「ユーザーが目的のページ(記事)を探すための案内板(マップ)」のことを言います。

サクラチカサクラチカ

サイトにページ(記事)が増えてきたら、こういうページは作るべきですね。
全てのページに2クリックでたどり着ける」のが見やすいウェブサイトの姿なんですよ。

 

XMLサイトマップとは

XMLサイトマップとはクローラーのために作るものでサイト上には表示されません

 

HTMLサイトマップと比べると、「見たことないんだけど…」というのがこの「XMLサイトマップ」です。

サクラチカサクラチカ

それもそのはず。「XMLサイトマップ」はサイト上のページには表示されないファイルなのですね。

 

「XMLサイトマップ」はクローラー(検索エンジンロボット)がサイトを巡回するためのマップなんです。

 

クローラー(検索エンジンロボット)って何?わかりやすく説明します

クローラー(検索エンジンロボット)とは何か?初心者にもわかりやすく説明します

 

クローラー(Crawler)とは、

インターネット上に星の数ほど(それ以上?)存在するWebページを巡回し、

情報を収集してデータベースに登録(インデックスするプログラムのことを言います。

 

このロボットプログラム達が、

定期的に私たちのサイトの新しいページや、修正、更新された箇所を読んで、

Googleなどの検索エンジンでの検索結果を表すページに最新のデータを反映させているわけです。

 

サクラチカサクラチカ

ざっくり簡単に説明すると、ウェブサイトの成績をつけるためにインターネットをパトロールしているのがクローラー(検索エンジンロボット)で、成績上位のサイトが検索エンジンで上位に表示される、ということです。何となくわかりましたか?

 

クローラーがちゃんと自分のサイトに来てくれるように、

クローラーのために作ったマップとイメージしてくださいね。

 

XMLサイマップはサイトを立ち上げたと同時に作りましょう

サイト開設と同時にXMLサイトマップを作りサーチコンソールに送信する必要がある理由

 

新しいサイトを作る

記事を書く

クローラーが来てくれるのを待つ(※時間がかかる

インデックスされる(検索エンジンのデータベースに記録される)

サクラチカサクラチカ

少しでも早くクローラーに気づいてもらうために「XMLサイトマップ」を設置しましょう、ということです。



Google XMLサイトマップの作り方と登録方法

ワードプレスにGoogle XMLサイトマップのプラグインを入れよう

 

ワードプレスの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

 

Google XML Sitemapsのプラグインをダウンロードして有効化

 

右上にあるキーワード検索ボックスに「Google XML Sitemaps」(←このままコピペする)と入力し、

その名前のプラグインが出て来たら「今すぐインストール」をクリック。

 

Google XML Sitemapsの設定の仕方を説明します

 

インストールが完了したらボタンが「有効化」に変わるので、これをクリック。

 

Google XML Sitemapsはワードプレスの管理画面の「設定」→Google XML Sitemapsで管理できます

 

サイドバーの「設定」の中に「XML-Sitemap」が表示されるのでクリックします。

「設定ページ」が開くので、順番にやっていきます。

↓    ↓    ↓    ↓

Google XML Sitemapsの設定の仕方の見本。この通りにやってください

 

「基本的な設定」は全てデフォルトのママでOK(何も変える必要がない)です。

一応、赤い四角で囲った部分にちゃんとチェックが入っているか確認しておきましょう。

 

Google XML Sitemapsの設定がわからない人のために説明

 

Additional Pages」もこのままでOKです。

 

Google XML Sitemapsの投稿の優先順位は自動的に計算しないを選ぶ

 

「投稿の優先順位」は「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れましょう。

 

Google XML Sitemapsのsite mapコンテンツ

 

「Sitemapコンテンツ」では、サイトマップに含めるページを決めます。

基本的には、

サイトマップに含めるページ
  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める
サクラチカサクラチカ

固定ページは「お問い合わせ」などなのでインデックスされる必要はありません。

 

Google XML SitemapsのExcluded Itemsは何も設定しない

 

Excluded Items」も何も変える必要はありません。このままでOKです。

 

Google XML SitemapsのChange Frequenciesの設定の目安を教えます

 

Change Frequencies」はこの画像と同じように設定してください。

 

Google XML Sitemapsの優先順位の設定の数値を教えます。このまま真似してください

 

優位順位の設定(priority)」もこの画像と同じ数字にしてください。

 

Google XML Sitemapsの設定がわからない人のために説明します

 

全ての記入が終わったら、一番下にある「設定を更新」を忘れずにクリックしましょう。

サクラチカサクラチカ

これでXMLサイトマップが作れました。次はGoogleサーチコンソールに送信するのをやっていきます。

 

XMLサイトマップをGoogleサーチコンソールに送信する

Google XML SitemapsをGoogleサーチコンソールに送信するやり方がわからない人のために解説します

 

XMLサイトマップを送信するためには、

まずGoogleサーチコンソールにサイトを登録している必要があります。

まだ登録を済ませていない人は、こちらの記事を参考に登録しましょう。

↓    ↓    ↓    ↓

Googleサーチコンソールにアクセスをして、

 

Googleサーチコンソールで目的のサイトのドメインを選び、サイトマップをクリック

 

右上のURL表示で「サイトマップを作成したサイトのURL」(大抵の方は1つのサイトだけだと思いますので、悩まないですよね)を選択します。

次に、左のサイドバーのメニューの中から「サイトマップ」をクリックします。

 

Google XML Sitemapsで新しいサイトマップを追加する

 

すると「新しいサイトマップの追加」という画面が出て来ます。

このページを開いたまま、ワードプレスの管理画面に戻ってサイトマップのURLを調べます。

↓    ↓    ↓    ↓

Google XML SitemapsをGoogleサーチコンソールに設定するためのURLがわかる場所

 

ワードプレスの管理画面(ダッシュポート)から「設定」→「XML-Sitemap」を選択してクリック。

 

あなたのサイトのXML SitemapのURLがわかる場所

 

ページの一番上に「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」が表示されます。

赤い枠で囲った「/(スラッシュ)よりも後ろの部分」をコピーして、

さっき開いたままにしたGoogleサーチコンソールの管理画面のページに戻り、

「新しいサイトマップ」のURLを記入する部分に貼り付けます。

↓    ↓    ↓    ↓

Google XML Sitemapをサーチコンソールに追加する方法

 

送信」ボタンをクリックすればサイトマップの送信が完了します。

 

Google XML Sitemapが無事にサーチコンソールに送信されました、という図

 

サクラチカサクラチカ

お疲れさまでした。後は、何もしなくても勝手にサイトマップをサーチコンソールに送り続けてくれます。まずはサイトを作り上げることが重要ですが、「慣れて来たらサーチコンソールについて勉強していくんだ」という意識を頭の片隅に入れておいてくださいね。

 



この記事が役に立ったらソーシャルメディアで共有してくださいね