ワードプレスとHTMLサイトの違いを専門用語をあまり使わないで初心者さんに説明します

 

お仕事用のサイトを作るならWordPress(ワードプレス)を使いましょう。」と言われたけれど、

 

ケーキ屋オーナーさんケーキ屋オーナーさん

ワードプレスが何だかよくわかりません…。

 

そんな人のために、ワードプレスとは何か?について、

なるべく専門用語を使わないようにわかりやすく解説します。

サクラチカサクラチカ

このサイトもWordPressで作られています。

 

WordPressはブログ(サイト)を作るツールです

サクラチカサクラチカ

WordPressを専門用語を使わないで、わかりやすく一言で表すと、「ホームページの作成やプログラミングについて知らない人でも、簡単にサイトを作れる仕組み」です。

 

通常、Webサイト(ホームページ)を作るためには、

HTML」と言うコンピュータ言語を勉強する必要があります。

 

HTMLサイトとWordPressサイトの違い

 

自分でHTMLコードを書きながらサイトの記事も書き進めていく必要があります。

 

サクラチカサクラチカ

HTMLがわかる人しかサイトの更新ができないので、自分以外の誰かにサイトを更新してもらうのも大変ですし、自分以外の人(業者)がサイトを作った場合に、その担当者が辞めてしまったら困ります。

 

これに対して、

ワードプレスを使えばHTMLがわからなくても、

マイクロソフトのワードや無料ブログサービスなどと同じように、

文章や画像を挿入してサイトを作っていくことができます。

 

WordPressはHTMLに比べて覚えることは少ないので、

サイトを作った後に記事の更新を別の人に頼んだり、チームでサイト作成をする時などは本当に便利です。

サクラチカサクラチカ

WordPressは無料のサービスです。※WordPressを使うためには、WordPressの利用とは別に、独自ドメインの取得やレンタルサーバーなどが必要になり、これらの費用は別途かかります。

 

WordPressでサイトを運営するのに必要なもの

独自ドメインとレンタルサーバーを契約すればWordPressを無料で使用することができる

 

WordPressに必要なもの
  • 独自ドメイン
  • レンタルサーバー
  • WordPressのテーマ(デザインテンプレート)

 

独自ドメインについてはコチラの記事にまとめました。

↓    ↓    ↓    ↓

 

レンタルサーバーについてまとめた記事はコチラです。

↓    ↓    ↓    ↓

独自ドメインでレンタルサーバーにワードプレスをインストールする方法について解説した記事です。

 

この記事が役に立ったらソーシャルメディアで共有してくださいね