USBメモリの正しい使い方

USBメモリを使ってデータのバックアップを取る→別のパソコンにデータを移すやり方を説明します。

サクラチカサクラチカ

USBメモリは長期保存には向かないので、
あくまで一時的な保存、データの移行に使ってください。

 

USBメモリは今だいぶ安くなり、64GBが1,000円以下で買えるようになりました。

ケーキ屋オーナーさんケーキ屋オーナーさん

64GBってどのくらいの量の画像を保存できるものなんですか?

サクラチカサクラチカ

1枚の写真や画像が1.25MBだとすると(ザックリした平均値です)51,200枚保存できるサイズです。

 

今回はWindows10でのやり方ですが、Windows7、Windows8/8.1も大きくは変わらないです。

USBメモリは差し込むだけですぐにデータの保存ができる

 

USBメモリのオスとメスに注意する。無理やり入れると壊れる可能性が。

パソコンのUSB端子に差し込むだけで簡単に使えますが、

上下があるのに注意してください。

(逆の方向に無理やり強く押し込むと壊れてしまう可能性が)

 

USB3.0はUSB2.0の端子でも動きます

きっちり奥まで差し込みましょう。

USBメモリは64GBが1,000円くらいと安くなりました

USBメモリはパソコンのシステムでは「リムーバブルディスク」とか「リムーバルドライブ」と呼ばれています。

 

はじめて接続した時に、

このような通知がある場合があります。

↓ ↓ ↓ ↓

USBメモリはTranscendと表される場合があります。

この通知バナー(トーストと呼ばれます)をクリックしてください。

↓ ↓ ↓ ↓

USBメモリはリムーバブルドライブとパソコンシステムで表される

ストレージの設定の構成をクリックすると

USBメモリはローカルストレージで見える

「USBメモリ」か「Transcend(F)とか(G)」などの名前で表示されます。

 

サクラチカサクラチカ

この辺は、まだあまり気にしないでください。
へー、そうなんだーくらいに思っていてください。

フォルダーを開いてファイルを表示の方をクリックすると、

データの保存作業が始まります。

↓ ↓ ↓ ↓

USBメモリへはマウスのドラッグ&ドロップでデータを移すことができる

まだ何も入っていない状態です。

サクラチカサクラチカ

では、さっそく画像データをUSBメモリに移していきましょう。

 

マウスのドラッグ&ドロップでデータを移動させる

 

USBメモリのデスクトップでの見つけ方

2回め以降にUSBメモリを刺した時は、

上のような通知のバナーが出ないので、

デスクトップの下の方にあるツールバーのファイルの部分(正式名称はエクスプローラーといいます)をクリックします。

↓ ↓ ↓ ↓

左側に並んでいる部分から「PC」を探してクリックすると、

USBメモリ(EとかFとか色々)」または「USBメモリの会社の名前」(今回はTranscendというメーカー)という名前で出ています。

これをダブルクリックすると、

USBメモリの空の状態

このようになります。

ここにデータを移していきます。

USBメモリのデータ保存は簡単にできる

デスクトップにある写真をUSBメモリの中に運ぶには、

画像にマウスのカーソルを合わせて、

マウスのドラッグ&ドロップのやり方

左クリック1回押したままで画像を移動させる=ドラッグ

クリックしたままデータを移動させて放す一連の動作をドラッグ&ドロップといいます

USBメモリのファイルの中に来たら、

クリックをはなす動作=ドロップを行います。

サクラチカサクラチカ

この一連の動作をドラッグ&ドロップと言います。
これでUSBメモリの中に画像データのバックアップが取れました。

 

画像データをサムネイル(小さな画像)で表示させる方法

 

USBメモリ内の画像データをサムネイルで表す方法

せっかくUSBメモリに画像データを移しても、

これだと何の画像なのか判別がつきません。

そこで、

一番右下のふちのところにある切り替えスイッチを変えます。

USBメモリの中身を名前の文字とサムネイルで切り替える方法

文字とサムネイル画像の切り替えができます。

↓    ↓    ↓    ↓

USBメモリの中身をサムネイル表示にした

これで、

取り出したい画像を選びやすくなりました。

ケーキ屋オーナーさんケーキ屋オーナーさん

これ、やり方がよくわからなくて困ってました。

サクラチカサクラチカ

なぜか文字の方が優先されやすいんですよね(?)

 

データを移し終わった後に、すぐに引っこ抜かず電源を切ってから抜いてくださいね。

 

USBメモリの正しい取り外し方(電源を切らない時)

 

USBメモリを急いでいてすぐに外さないといけない!」という時は、次の手順をふんでください。

↓ ↓ ↓ ↓

シャットダウンする前に外部記憶装置を外したい場合の手順

サクラチカサクラチカ

このエクスプローラーはファイルを探すのによく使うので覚えておきましょう。

USBメモリやHDDを外す時はエクスプローラーをクリックして左側からCを探してクリック

左側に出てくる一覧表から「PC」を見つけてクリックします。

右下の「デバイスとドライブ」からUSBメモリを見つけてください。

Windows(C:)、Data(D:)、DVD RWドライブ(E:)以外のものを探せばいいので直ぐにわかります。

(※複数のUSBドライブをつけていない限り)

 

エクスプローラー→PC→外部記憶ドライブ(USBやHDD)を右クリック→切り取りを選択

USBドライブにマウスのカーソルを当てて、右クリック。

↓ ↓ ↓ ↓

切り取り」という部分をクリック。

↓ ↓ ↓ ↓

USBメモリや外付けHDDを外す時は手順を踏む必要がある

ハードウェアの取り外し」というバナーが出てきたら、もう外しても良いですよという合図です。

サクラチカサクラチカ

いきなり引っこ抜くと、衝撃でせっかくのデータが飛んだり、
USBメモリが壊れて使えなくなる可能性もあるので、ちゃんとこの手順を追って取り外してくださいね。

ケーキ屋オーナーさんケーキ屋オーナーさん

…今まで引っこ抜いていました!!これからはちゃんとやります!

新しいパソコンのUSB端子がType-Cだった

 

USBメモリタイプAからタイプCに変換するアダプター

ケーキ屋オーナーさんケーキ屋オーナーさん

どうしよう!!新しく買ったパソコンのUSB端子の形が何だか古いのと違うんです!!どうやったらUSBメモリのデータを新しいパソコンに移すことができるんですか?!

サクラチカサクラチカ

Macや最新のWindowsパソコンのUSB端子は、
「USB Type-C」という写真のような形状になっています。

 

慌てなくても大丈夫です。

USB変換アダプター」というパーツを使うことで、

USB Type-A(今までのパソコンのUSB端子)→USB Type-Cに変える事ができます。

↓ ↓ ↓ ↓

この変換アダプターはダイソーなどの100円均一ショップに売っているんです。

家の近くに100均がある人は、

スマホ、パソコン周辺グッズが売っているコーナーで探してみてください。

 

近所に100円ショップがない人、

またショップで探しても売ってなかったという人はAmazonなどで探せます。

少しお値段上がって1,000円くらいですが、コチラあたりがお手頃です。

↓ ↓ ↓ ↓

 

USBタイプAからCに変換アダプターはダイソーで売ってる

これで、今までのUSBメモリが新しいWindowsのパソコンやMacで使うことができるようになりました。

 

サクラチカサクラチカ

変換アダプターは、これと逆でType-CからType-Aに変えるものもあります。

 

USB以外の外部メモリ(外付けHDDなど)を使ってのデータの複製保存のやり方も、だいたい同じようなものなので参考にしてみてくださいね。

 

この記事が役に立ったらソーシャルメディアで共有してくださいね