ミックスホストのサブドメインに賢威8をインストールしてみた。子テーマはどこに入れれば良いのか?

 

FTPソフトでmixhostのサブドメインにWordPressのテーマ(賢威8)をインストールした時、

どの場所に入っているのか解説していきます。

 

サブドメインを設定したの覚えてますか?

ミックスホストを契約した時にサブドメインって作りましたね。

↓    ↓    ↓    ↓

ミックスホストのサブドメインは普通に使えるのでワードプレスをインストールして使いましょう。

 

mixh.jpというドメインです。

これは独自ドメインは別の独立したドメインで、実はちゃんとWordPressも入れられるんです。

mixhostを使い続ける限り、ずっと更新代金もかからずに使い続けられる優れものです。

独自ドメインで作ったお店のサイトの補助サイトや日記ブログなどとして利用するのが良いと思います。

 

mixhostのサブドメインでテーマの探す手順

 

まず、FTPソフトを起動させます。

FFFTPはワードプレス の細かいカスタマイズに使う子テーマをアップロードする時に必要です

FTPソフトをインストールしていない人はコチラの記事を見ながら

FFFTP(無料、 Windows専用)をインストールしてください。

↓    ↓    ↓    ↓

 

FFFTPでホスト一覧から選んで接続をクリック

 

このサイトの解説を見ながらサーバーやドメインを契約した人は、

サーバーはmixhostを使っているかと思います。

(FTPソフトのホスト設定名はmixhostにしています。)

違うサーバーを使っていても、大きな違いはないと思います。

 

ホスト一覧からmixhostを選び「接続」をクリックします。

 

public_htmlをクリック→独自ドメインがある階層にあるwp-contentをクリック→themesをクリックするとミックスホストのサブドメインにインストールしたワードプレスのテーマが入っている

 

たくさん横文字で書かれたファイルが並んでいて、難しそうで困惑すると思いますが、

焦らずに右側(サーバー側)の中から「public_html」という部分を探してクリックします。

 

自分の独自ドメインが入っているのが見つかります。

ミックスホストのサブドメインのワードプレスのテーマが入っているフォルダは、独自ドメインのすぐ下にあるwp-contentをクリック

 

この中から、「wp-content」というのを見つけてクリックしましょう。

 

ミックスホストのサブドメインにワードプレスをインストールした。子テーマはどこに入れればいいのか?

 

themes」というフォルダをクリックします。

 

 

賢威8の親テーマを発見!

(WordPressインストールすると自動的に入ってくる3つのテーマもある)

 

では、

本編に戻りましょう。

↓    ↓    ↓    ↓
WordPressの親テーマ(賢威8の親テーマ)の名前を確認→コピーして、子テーマに反映させる方法について。

 

この記事が役に立ったらソーシャルメディアで共有してくださいね