Wordを立ち上げるほどでもない、短い文章をメモしておきたい時に便利なアプリが「メモ帳」です。

以外と知らない人もいるのみたいなので、アプリのある場所と使い方を説明します。

 

Windows10で「メモ帳」がある場所


まずWindows10の画面の一番左下の「窓のマーク」をクリックして、

Windowsアプリ」というフォルダを見つけてください。

 

右横にある、下向きの↓をクリックするとプルダウン(ドロップダウン)状態になってアプリの一覧がでてきます。

下の方に「メモ帳」があります。

 

よく使用するアプルなので、いちいち探すのが面倒くさいと思います。

デスクトップ画面にドラッグ&ドロップでショートカットを作りましょう。

(左クリックしっぱなしでデスクトップ画面まで引っ張って離す)

↓ ↓ ↓ ↓

メモ帳のショートカットができました。



メモ帳を保存する方法

左端の「ファイル(F)」→「名前をつけて保存(A)」をクリックしてください。

 

こういう画面がでてくるので、

ファイル名(N)の横の空欄に名前を記入してください。

ファイルの種類(T)は「テキスト文書」のままイジらないでください。そのままでOKです。

保存」を押しましょう。

 

これでメモ帳で作成した文章がデスクトップ画面に保存ができました。

サクラチカサクラチカ

デスクトップ画面は一時保存には良いですが、それが溜まるとゴチャゴチャ見づらくなるので、
定期的に整理整頓してくださいね。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアで共有してくださいね