Googleアカウントの作成のやり方を説明します

Googleアカウントはホームページ運営における便利なツールやサービスを利用するのに必要になります。

Gmailも同時に合わせて取得しましょう。

プライベートとお仕事のメールアドレスを使い分けたい時にとても役立ちます。

サクラチカサクラチカ

やってみると意外とカンタンで2、3分で登録することができます。

忙しくてまだまだ色々なものを準備できない…」という人も、

これなら無料だしスキマ時間に行うことができるので、まずやってみてください。

(最初の一歩を踏み出せば後は加速していくので!)

 

Googleアカウントの新規作成画面を開く

まずは下記のURLにアクセスしてください。

(クリックすると別ウィンドウで開きます)

↓ ↓ ↓ ↓

 

Googleアカウントはビジネスネーム(ハンドルネーム)でも登録できます

この画面が出てきます。

※Googleはたびたびデザインなどの変更を行うのでこれとは違う画面が出てくる場合もありますが、

登録する内容などは大きく変わらないと思います。

 

必要情報を登録する

 

Googleアカウントは必ずしも本名でなくても作成できます

① 姓・名の登録(必須)

美病室オーナさん美病室オーナさん

これって必ず本名を登録しなければダメなんですか?

サクラチカサクラチカ

本名以外のビジネスネーム(ペンネームなど)でも作成できます。ちなみに桜井チカはビジネスネーム(屋号)です。

 

② ユーザー名の登録(必須)

ここで入力したユーザー名はメールアドレスとして使うことになります。

半角英字、数字、ピリオドが使用できます。

※すでに登録されているユーザー名はアカウントとして登録できません。

サクラチカサクラチカ

例えばsakurachikaというユーザー名が使えないのなら、
sakurachika0121などのように誕生日やお店の開店記念日など数字を使ったり工夫すれば使いたい単語も入れることができます。

「代わりに現在のメールアドレスを使用」とある青いリンクの文字は今回は使用しません。

サクラチカサクラチカ

今回は所有しているメールアドレスを使わずにGmailを取得します。

 

③パスワードの登録(必須)

パスワードは必ず長めに複雑に設定してください。乗っ取り防止です

半角英数、数字、記号を組み合わせて8文字以上のパスワードを作成してください。

サクラチカサクラチカ

他人に乗っ取られたりしないように、できるだけ複雑な文字の組み合わせにしましょう。大好きな旦那さんや彼氏さんにもパスワードは教えてはいけません。(後々トラブルになることも!)

確認用の欄にもかならず同じパスワードを入力してください。

ここまでできたら、「下へ」の青いボタンをクリックしてください。

電話番号(省略可)別のメールアドレス(省略可)生年月日、性別の登録

 

④電話番号の登録(省略可)

この登録画面よりも前に電話番号の入力を求められることがあります。

インターネットのブラウザをChrome以外のものを使っていると電話番号の入力は必須のようです。

 

電話番号を入力するとSMSでコードが送られてくるので、コードを入力して先に進みましょう。

サクラチカサクラチカ

ChromeはGoogleのブラウザ(インターネット閲覧のためのツール)なので使い勝手も良いです。電話番号を省略したい場合はChromeを使ってください。

↓ ↓ ↓ ↓

 

電話番号の登録は後からも登録できます。アカウントのセキュリティ面を考えると、電話番号とヒモ付しておくのは良いことだと思います。

 

⑤再設定用のメールアドレス(省略可)

今回登録するGmailアドレス以外のメールアドレスを登録します。

今すぐに登録しなくても、後からできます。

 

※登録しておくと、設定変更時の本人確認で使われるのでセキュリティ対策になります。

 

⑥生年月日の登録

自分の生年月日を登録してください。

本人確認で必要になるので、正しい情報を入力してください。

(本当の生年月日を利用したくない場合でも、設定した日にちを忘れずにいてください。)

 

⑦性別(必須)

自身の性別を選択してください。

 

ここまでできたら、下にある「次へ」の青いボタンをクリックしてください。

 

利用規約を読んで同意する

Googleアカウントの登録とGmail取得の流れを説明

利用規約を読んで下にスクロールすると「同意する」のボタンがあります。

(最後まで読まないとボタンが現れません)

問題なければクリックしてください。

 

アカウントの作成が完了

 

アカウント作成が完了すると以下の画面が表示されます。

↓ ↓ ↓ ↓

Googleアカウント管理画面

※2019年6月現在の情報です。

(Googleアカウントの管理画面はたびたび変更されます。)

 

これでGoogleアカウントの作成作業は完了です。

ちなみに、

Googleアカウントは復数作成することができます。

(今のところ作れるアカウント数に制限はありません。)

 

サクラチカサクラチカ

お疲れ様でした。続いてGmailの管理画面の確認もやっておきましょう。

 

Gmailの確認

 

Gmailの管理画面への行き方

Googleの検索画面を表示すると、右上の集合体の一番左側にGmailの表記がありますね。

ここをクリックするか、

となりの■が集まったところをクリックするとGoogleのサービスが色々と出てくるので、

(YouTubeとかGoogle Mapとか)そこからGmailを選んでください。

 

メールのマークのアイコンをクリックするとGmailの管理画面へ移ります。

↓ ↓ ↓ ↓

Gmailの管理画面の説明

一番最初にGmailの管理画面にアクセスすると、このようなポップアップが出てきます。

青い「次へ」ボタンをクリックします。

Gmailのビューアー設定はとりあえず最初はデフォルトにしておく

ビュー(見え方)はとりあえずデフォルトにしておきましょう。

(後から変更できます。)

Gmailでメールを作成する方法

右上の「作成」でメールを書くことができます。

サクラチカサクラチカ

自分のスマホのメールアドレスにテストメールを送ってみたり、どんどん触って実践で使い方を覚えていってください。

 

まとめ

 

Googleアカウント&Gmailアドレスの取得を行いました。

これで、プライベートとは別のお仕事用のメールアドレスも作れたし、Googleのサービスを利用するためのアカウントも用意できました。

スマホからGoogleアカウントのページやGmail管理画面にアクセスすることも可能です。

ビジネスのメールは即レスする方が良いので、出先でもマメにチェックすることができるGmailを使いましょう。

美病室オーナさん美病室オーナさん

お仕事専用のメールができると、何だかとてもレベルアップした気がします。

サクラチカサクラチカ

プライベートのメールとお仕事メールは絶対に分けたほうが良いです。

Googleの提供してくれている無料サービスは思った以上に色々あってお店のホームページ作成や宣伝に便利に使えます。

次の記事では「Googleマイビジネスの登録」を扱いたいと思います。(作成中)

 

この記事が役に立ったらソーシャルメディアで共有してくださいね