Broken Link Checkerの設定の仕方リンクエラーの修正の仕方についてWordPress初心者さんにもわかりやすく解説します

 

自分のサイトに貼ったURLにリンク切れ(リンク先の記事が削除されたりしたURLなど)があった時に教えてくれる便利なプラグインの使い方を説明します。

 

サクラチカサクラチカ

サイトの記事の数が増えていくと、リンク切れがないか一つ一つ自分でチェックしていくのはとても大変な作業です。

 

リンク切れのURLをそのままにしておくと、リンク先を読もうとしたサイト閲覧者さんをガッカリさせてしまいます。また、SEO的にもよくありません。

※SEO(Search Engine Optimization)サイトを検索エンジンで最適な表示(上位表示)させる事、その方法についての総称。

 

Broken Link Checkerのインストール方法

サクラチカサクラチカ

まずはプラグインをWordPressをインストールしていきます。

 

Broken Link Checkerはリンク切れ報告をしてくれて修正作業も簡単な便利なプラグインです

 

ワードプレスの管理画面(ダッシュポート)の左メニューから、

「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

 

Broken Link Checkerをインストールして設定しよう

 

右上の検索ボックスに「Broken Link Checker」(←このままコピー&ペースト)と入力します。

次に「今すぐインストール」をクリック。

 

Broken Link Checkerの設定方法がわからない人にわかりやすく説明します

 

同じ名前のプラグインが出てくるかもしれませんが、

説明文が日本語の方を選んでください。(※使用中のWordPressのバージョンで未検証となっていても)

 

リンク切れを見つけてくれる便利なプラグインはBroken Link Checkerで入れておくだけでほぼ設定もいりません

 

インストールが終わるとボタンが「有効化」に変わるので、これもクリック。

 

Broken Link Checkerの設定方法

Broken Link Checkerはデフォルト設定のままでも大丈夫です

 

有効化が済むと、プラグイン一覧の画面に「Broken Link Checker」が並んでいるので、

「設定」をクリックします。

 

Broken Link Checkerはデフォルト設定でもいいので初心者はいじらないようにしよう

 

設定ページがこのようになっていますが、

基本的には何も変えずにデフォルト設定のままでOKです。

 

サクラチカサクラチカ

今の時点で変える部分があるとしたら、
各リンクをチェックする「○○時間ごと」の部分かなと思います。
デフォルトでは72時間ごとになっているので、
24時間とか48時間とかに変えるのもありかと思います。

 

何か変えた部分があるのなら、最後に左下の「設定を保存」の青いボタンを押し忘れないように気をつけましょう。

 

Broken Link Checkerを入れておくとリンク切れのテキストリンクは打ち消し線が表示されるので便利です

 

↑ 上の画像のようにデフォルトの設定だと、リンクエラーがあった時に、

打ち消し線が表示されるようになっています。

サクラチカサクラチカ

リンクエラーをすぐには直せない場合でも、サイトを見ている人に「あ、無効なリンクなんだな(クリックしてもエラーなんだな)」というのがわかるので助かります。(できるだけ早く修正しましょう

ケーキ屋オーナーさんケーキ屋オーナーさん

リンク切れが多いと「このサイトは信用できないな」って思っちゃいますからね。

続いて実際にリンクエラーが見つかった時の対処方法についてです。

リンクエラーの確認方法

デフォルト設定だと、サイト内でリンクエラー(リンク切れ)が見つかった場合に、

  • 管理画面のダッシュポート
  • WordPressに登録しているメール(設定→一般設定で登録しているメール)

この二つに通知が届くようになっています。

 

Broken Link Checkerはダッシュポートのトップページでリンク切れがわかる

 

ダッシュポートでは、リンクエラーがあるとトップページにこのような通知が出ます。

「○個のリンクエラーを発見しました」という青い文字リンクをクリックすると、

エラーの詳細ページ」に飛ぶことができます。

 

Broken Link Checkerはツール→リンクエラーでリンクエラー一覧が表示されます

 

また、左サイドバーの「ツール」→「リンクエラー」からも詳細ページ進むことができます。

 

エラーリンクの編集の仕方

Broken Link Checkerでリンクエラーが見つかった場合の対処の仕方

 

リンクエラーの詳細ページを開くとこのようになっています。

対象のリンクにカーソルを合わせると、

↓    ↓    ↓    ↓
Broken Link Checkerでリンクエラーが見つかったらURLを編集で直しましょう

 

赤い枠で囲ってある「URLを編集 | リンク解除 | リンクエラーでない | 無視 | 再確認」という項目が表示されます。
それぞれについて見ていきましょう。

 

1. URLを編集

Broken Link Checkerを入れておくとリンクエラーの修正が楽です。記事の数が多い人は使いましょう

 

リンクのテキスト&URLをこの画面で変更することができます。

変更できたら右下の「更新」のクリックを必ず忘れないでくださいね。

 

2. リンクを解除

Broken Link Checkerでリンク解除をすると、貼られているリンクが消えてただのテキストになります

 

「リンク解除」をクリックすると、リンクが解除され、ただのテキストになります。

記事の流れ的に問題がない場合はこの方法を使いましょう。

 

3. リンクエラーでない

Broken Link Checkerのリンクエラー詳細画面でリンクエラーでないをクリックすると、後からリンクエラーを確認できなくなるので注意です

「リンクエラーでない」を選択すると、

実際にリンクが使用できる・できないに関わらず、リンクエラー一覧に表示されなくなります。

以降のリンクエラーは確認できなくなるので、ここをクリックするのは用心に用心を重ねた方が良いです。

※できれば使わないことをオススメします。

 

4.無視する

Broken Link Checkerでリンクエラーを無視するとリンクエラーの修正がされないまま放置されてしまいます

 

「無視」をクリックした場合も、リンクエラー一覧から表示されなくなります。

 

Broken Link Checkerで無視したリンクエラーは無視という項目に移動

「リンクエラーではない」を選択した場合は、一切どこからもそのテキスト&URLが確認できなくなりますが、

「無視」を選んだ場合は「無視」という項目に移動します。

サクラチカサクラチカ

リンクエラーであることは知っているけど、エラーリストから外したい時に使用します。これも基本的に使わなくていいと思います。

 

5. 再確認

Broken Link Checkerでリンクエラーを修正した後はリンクエラー詳細画面で再確認を忘れずに

 

「再確認」をクリックすると、リンクエラーの状況を最新の状態に更新してくれます。

リンクを修正したあとの確認作業で使います。

エラーを含む記事を編集する

ケーキ屋オーナーさんケーキ屋オーナーさん

記事が多いと、どのリンクに繋いだのかよくわからないです…。そのURLが含まれる記事を確認したいんですが。

サクラチカサクラチカ

そんな時でも大丈夫です。記事そのものを確認することができます。

 

Broken Link Checkerでリンクエラーの記事そのものが知りたい場合はソースにカーソルを当てて該当記事を表示させましょう

 

対象のリンクにカーソルを当てると、右側の「ソース」欄に各項目が表示されます。

(もしかしたら、WordPressのテーマによって多少の表示の違いがあるかもしれません。このサイトは賢威8を使っています。

 

  • 編集:投稿記事編集のページに移動します。
  • Trash:その記事を削除(※その記事自体がゴミ箱に移動してしまいます!)
  • 表示:その記事を表示

 

「Trash」をクリックすると、いきなりゴミ箱行きになり(サイトからその記事が消える)ので注意してくださいね。

 

間違ってゴミ箱行きにしてしまった記事を元に戻す方法

WordPressで間違って記事をゴミ箱に入れてしまっても復活できるので焦らない

 

「投稿一覧」→「ゴミ箱」を確認すると、該当する記事があるので安心してください。

 

WordPressで間違ってゴミ箱に捨ててしまった記事の復活させ方を説明します

 

該当記事の左側にある四角にチェックを入れます。

(上下にある「タイトル」には自動的にチェックが入ります。)

復元」を選んで「適用」をクリックしましょう。

サクラチカサクラチカ

これで無事に記事が復活しました。

ケーキ屋オーナーさんケーキ屋オーナーさん

いやー、焦りました〜…!!

リダイレクトについて

Broken Link Checkerのリンクエラー詳細画面にあるリダイレクトは何か?

 

リンクエラー確認ページに「リダイレクト」という項目があります。

これはURLが移転(サイトを別のドメインに引っ越しした時)などにより、

別のページが表示されている状態です。

 

リンク先としてページは存在していて表示されるのでエラーではありませんが、

自分が思っていたのと違うページにリンクが繋がっている可能性があるので、

たまにチェックしておくと良いと思います。

サクラチカサクラチカ

外部リンク(自分以外のサイトの記事や広告)を多くリンク先として貼っている人は、プラグインを使えば楽チンなのでリンクエラーのチェックはマメにしておくことをオススメします。

この記事が役に立ったらソーシャルメディアで共有してくださいね